すずぶろぐ( 'ω')

ブログ初心者です。心理学に興味があり勉強中(´・ω・`)日々感じたことを書いていこうと思っています。

他人に期待しすぎない

こんにちは。すずです(´・ω・`)

今日は初めて、ひとりで回転寿司に行ってきましたw

平日の14時頃だったのでお客さんも少なくてすぐ入れました( 'ω')ノ゙
大好きなサーモンをたくさん食べて満足し(笑)
お会計しようとレジに行ったのですが。


最近はお寿司屋さんもセルフレジの導入が増えていますが、今日わたしが行ったお店は店員さんを呼んでお会計してもらうレジだったんですね。



わたしが帰る頃、少しお客さんが増えてきて席の案内をしていたのか、なかなか店員さんがレジに来ない(笑)

わたしの前にひとりの女性が並んでいたのですが、分かりやすくイライラしていて舌打ちまでしていましたw
店員さんが慌てて走ってくるも、お会計が終わったあとまた舌打ちをしてすごい形相で帰っていき。




そこでわたしは
あの人イライラしすぎ〜w
店員さん困ってるしかわいそう。
って思ったんですね。


ここでふと思い出したんです。


前の記事にも書きましたが、わたしは毒親関連や自己啓発などたくさんの本を読んでいて。
何かの本に、「他人に期待をするな」と書いてあったことを思い出したんですよね。


期待するというのは、他人が自分の思い通りにならないとイライラしたり、自分の都合の良いように動いてほしい、他人を思い通りにコントロールしたい、などということらしいのです。



この場合だと、イライラしていた女性は、「店員なんだから客を待たせずに早く対応すべき」という思いがあったんでしょうね。
でも何かトラブルがあってなのか、対応するのが遅れてしまった。
店員さんが謝罪をしても女性は舌打ちをしてそのまま帰っていった。


そしてそのあと。
わたしはその女性に、うわ〜イライラしてるーwめっちゃ怒るやんw
と、少しバカにした感じで思ってしまったわけです(笑)

そんなすぐイライラする人になりたくないわー、イライラしてる人みるとこっちまで嫌な気分になるから辞めてくれ〜と思っていました。



でもこれもたぶん、他人に期待していますよね。

その人は朝からずっと嫌なこと続きで、たまたまお寿司屋さんで我慢の限界が来てしまったのかもしれないし。
わたしの中で、「人前でイライラしたり舌打ちするのはみっともない。店員さんには優しい態度で接しなければならない。」みたいな思い込みがあるからでしょうね。



これ、実はわたしが小さい頃から親に言われてきたことなんですよねー。
ちょっとでも悪い言葉遣いをしたり、強めの言い方をすると、怒鳴られたり上品な言葉を使え!と。

その怒鳴ってる親が一番下品な言葉つかってるやん!みたいなw
でも子供の頃は反抗すると怖かったですから、我慢して怒りの感情にはフタをしてきましたね。




いつもニコニコして他人には優しい態度で接するようにし、自分が気に入らないことがあっても我慢して大丈夫だと嘘をつき。
だから今回少しレジを待たされただけでイライラしている人に、うわ〜!ってなったんですよね。

そんなことで怒っていいの?!みたいな。



本当はその女性も、「ちょっと忙しくなってきて遅れることくらいあるよねー」と。そしてわたしも「たまにはイライラすることもあるよねー」と。
そう思えたら良かったのかなぁと思いました。



自分の生きてきた経験から、こうするべき、あれは正しい、あの人のやっていることはおかしい、と決めつけてしまうからしんどくなるのかなぁと。


わたしはこれが正しいと思って生きてきたから、あなたもこうしてね。というのが、他人に期待を押し付ける生き方ですよね。
本当はみんなそれぞれ育ってきた環境も違うから、そういうこともあるよね〜って流せると良いんだと思うのですけどね。
なんか今日たまたま寄ったお寿司屋さんで、昔読んだ本のことを思い出したのでブログにしてみました(笑)



とはいえ、わたしが毒親に対して、まぁ虐待してしまうこともあるよねーとは思えないですけどね。
親にも親なりの事情があったことは理解しているつもりですが、簡単に許せるものでもないですしね。

まだ心のどこかで、親に変わってもらおうと期待しているのかもしれませんね(^-^)
いつか自分たちのしたことを認めて、心から謝ってくれる日がくるかもしれない、と。



この他人に期待をしないの話、親にも当てはめてみた方が良いのかもしれませんね。
少しずつ親に対する期待をなくしていけたらいいなと思います。



今回もここまで読んで下さり、ありがとうございました(∗•ω•∗)